『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、石井あゆみによる日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)創刊号(2009年)から連載中。第57回小学館漫画賞…"> 『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、石井あゆみによる日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)創刊号(2009年)から連載中。第57回小学館漫画賞…">
  1. TOP
  2. アニメ
  3. 信長協奏曲 ノブナガコンチェルト 感想 評価 レビュー 

信長協奏曲 ノブナガコンチェルト 感想 評価 レビュー 


スポンサードリンク

div class="wiki"> 『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、石井あゆみによる日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)創刊号(2009年)から連載中。第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」、7位。

あらすじ
2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてテレビアニメ・実写テレビドラマ・実写映画の3媒体を同時企画・随時展開する
勉強が苦手な高校生のサブローは、ひょんなことから戦国時代、天文18年(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った本物の織田信長に、瓜二つの容貌をしていたことから、病弱な自分の代わりに信長として生きてくれと頼まれ、信長として生きていくこととなる。

当初は、周囲から困惑され裏切りや暗殺されかかるも誤解や偶然が重なり飄々と切り抜ける。このことから家中や領民から支持され、家臣の平手政秀の死をきっかけに本気で天下統一を志す。
室町幕府第13代将軍の足利義輝との謁見をはじめ、尾張、美濃を制覇し京に上洛後、敵対した足利将軍家・朝倉家・浅井家・武田家など隣国大名を打ち破っていく一方、楽市楽座・産業振興・兵農分離などを推し進め領地経営も成功し安土城築城を開始して天下人へ駆け上がりつつある。

管理人のあくまでも個人的な感想

原作も読んでます。
現代のチャラい高校生がタイムスリップして織田信長と入れ替わる話。
このチャラい軽さが面白くさせてくれます。
信長が数々の奇行により「大うつけ」と呼ばれるようになったのは現代人だったからという設定の話です。
実写ドラマは微妙ですが、アニメはおすすめです。
歴史を知ってると話がどうなるかはわかるのですが、わかっているのに信長が現代人だったからという、設定で色々面白くなってる作品です。
ただ信長の歴史、戦国時代をある程度は知っていないとアニメは説明が少ないので分からない部分があるかもしれないなあと感じました。
大人から子供まで楽しめるものです。
テンポも早く良かったと思いますが、アニメは途中で終わっているのが残念です。




スポンサードリンク

コメントを書き込む

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。