1. TOP
  2. アニメ
  3. とらドラ! 感想 評価 レビュー

とらドラ! 感想 評価 レビュー


スポンサードリンク

『とらドラ!』は、竹宮ゆゆこによる日本のライトノベルが原作。

あらすじ
父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。
ある放課後、大河は想い人の祐作にラブレターを出そうとするが、それを間違って竜児のカバンに入れてしまう。祐作へのラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、深夜取り返すべく高須家に忍び込む。 この夜のやりとりがきっかけで、竜児と大河は「お互いの恋を応援する共同戦線」を張ることになる。


管理人のあくまでも個人的な感想

王道、学園ラブコメです。
変な言い方ですが、癖がないです。
しかし、普通に面白く万人受けタイプの学園青春モノ。
基本的に男2人、女3人が中心で話が進んでいきます。 主人公、竜児は、頭も良く、世話好き、家事もできると万能。
まあこれだけ揃えばモテモテも納得ですね。
女性が書いた話なので、女性も見やすいアニメです。
評価が結構高いアニメですが、私個人的には★★★です。
面白いのですが、普通過ぎて割と先が読めてしまうので。。。




スポンサードリンク

コメントを書き込む

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。